新居は障子だらけの極寒部屋。暖房費1万超えも風邪引くよりはマシ。 | 貧乏ですのよ

ページ

2017年12月16日土曜日

新居は障子だらけの極寒部屋。暖房費1万超えも風邪引くよりはマシ。







新居は憧れの戸建て。家賃3万円。2Kのスモールハウスだ。

キッチンが凄く狭いので、鍋や食器は仕事部屋に置いている。



まぁ、仕事部屋と言っても暖房器具がこの部屋にしかないから、寝るのもやっぱりこの部屋なんだけどね。なので隣の和室は全く機能していない。本当は隣が畳じゃなかったら1DKとして使いたいところなんだけど。


スポンサーリンク



ご覧の通り、おばちゃんの仕事部屋は壁一面が障子で、振り向くと更に障子!!更に更に窓もあるのっ!!!


壁面積少なっ!


も~ね~、とにかく寒いんですよぉ~~。半端ないですっ!ホントに......。
こうなりゃ、暖房費節約とか言ってられませんぜ!ガンガン暖房点けますよ。ガンガンねっ!!暖房費1万超えとかちょっと辛いけど、風邪引くよりマシかと。


しかもこの障子、ちょっと上に持ち上げてからじゃないと開閉出来ないの。他にもキッチンの引き出しが閉まらなかったり、収納のドアが閉まらなかったりと、やっぱり古いお家は色々ありますね。


だけど家賃3万円ですからね。水回りはリフォームされていてキレイだし、多少の不具合は我慢しなくちゃ。


低所得の怪しい中年オンナに住む場所を与えてくれたのだから、それだけでもありがたいこってす!



応援して頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


スポンサーリンク